top of page
  • 執筆者の写真福岡防災

高校生対象 フィールドスタディを実施しました。

当日は、筑紫女学園高校より4名の生徒さんに参加いただき、マイナビlocusフィールドスタディを実施しました。

locus とは、株式会社マイナビ様が運営している高校生向け探求学習プログラムで、2021年度から福岡市内および近郊の高校を対象に実施しているものです。フィールドスタディは、locusのプログラムの一つです。

高校生が自身のキャリアを具体的に考える契機となり、将来的な地元就職につながる取り組みとなっています。



当日は、事業内容や建設コンサルタントの仕事内容を中心に説明して理解を深めてもらい、その後グループワークを行いました。

ワークでは、「福岡市内に建物を建設するために必要な過程を考える」、自己紹介で出た好きなものに関連して、「コンサートも映画も実現できるドーム」をテーマに考えてもらいました。



収容人数は?福岡市内だったらどこに建てる?回線はどうする?

などなど、様々な状況を考慮し、どうすればテーマのようなドームを完成させることができるのか話し合ってもらいました。ワークを通して、建設コンサルタントの役割(一部)をより理解してもらえたのではと思います。


また、弊社の事業内容は、初めは難しく感じたかもしれませんが、

質問タイムでは、「土砂崩れの際は土砂の厚さを測るの?」「危険区域ではない場所に避難所はあるの?」「現場に行かない日はCAD使っているの?」など、次々と質問が出て積極的に参加していただき、受入側としても非常に嬉しかったです。


まだまだこれからたくさんの可能性を秘めた彼女達から、私たちもパワーをもらえました。今後の自分の将来を考えていく一つのきっかけになれば幸いです。参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

弊社は今後も社会貢献活動の一環としてこのような学びの提供も引き続き行ってまいります。




閲覧数:33回0件のコメント
bottom of page